NINJA1000_懲りずに山中湖へ!

どうもはなぶさです。

懲りずに、道志みちで山中湖へ散歩してきました。

山桜はこの間で散ってしまったので、富士山を見に行っただけです。

山中湖_湖畔(長池親水公園)

ここは道志みちで”平野”という交差点につき当たったら右折し

湖沿いを道なりに3kmほど行った所にある長池親水公園です。

凪の時には逆さ富士も見られるようです。

 

いつものパノラマ台

来た道を戻りまして、いつものパノラマ台へ

ご覧の様に、山桜は完全に散っております。

ただ、クッキリはしていませんが富士山は雲がかかっておらずイイ感じです。

(結局、今年は桜も富士山も同時にバッチリの写真は撮る事が出来ませんでした)

 

本日の珈琲タイム

パノラマ台から降りてきていつものコンビニで珈琲タイム!

一息ついたところで帰宅です。

 

ツーリングと散歩の区別

ワタクシのブログ記事においてのカテゴリーに「ツーリング」と「バイク雑記」があります。

”バイクグッズの紹介”などは勿論「バイク雑記」なんですが

”散歩”も「バイク雑記」としております。

では、その”散歩””ツーリング”と何が違うのかご説明します。

”散歩”は朝ゆっくり出発して且つ午前中に帰宅する場合で

”ツーリング”は割と早めに家を出発して出先でお昼も頂く場合です。

ちなみに前回の記事「ワインを買いに~!」は散歩のつもりが大回りして、

帰りが午後2時を過ぎてしまい「ツーリング」にカテゴライズいたしました。

しかし、計画だってのツーリングは今年は1回もしておりません。

早く、コロナが収束し本来の”ツーリング”が出来る事を願っております。

 

「ヤエ~」について

道志みちはバイクメッカルートと言う事もあり「ヤエ~」をするバイク諸君が多い

ワタクシは昔の「ピース世代」のジジイの為、恥ずかしく「ヤエ~」は自分からはしません。

しかし、挨拶はされたら返してあげるのが礼儀なので、軽く手を挙げてあげる

ハンドルから手を離す事が出来ない時は「うなずき」で勘弁してもらう。

全力で手を振る若者もなんだか微笑ましいとジジイは思っていたのですが

今日、両手離しで手を振る若者(たぶん若者)がいました。

「危ないです!」

うれしくてしょうがないのでしょうが安全走行が基本です、両手離しはさすがにやめようよ!

それでは~

◆関連記事◆

NINJA1000_桜を追いかけてvol2!
どうもはなぶさです。 先々週に引き続き、桜を追いかけてみました。 道志みち状況報告 これからのバイクシーズン、ツーリングで道志みちを走りたいと考えている方も 多いと思いますので2021年4月18日現在の状況を記述いたします。...

★次に読んで欲しい記事

ベネリ_TNT125試乗!
どうもはなぶさです。 今回、ベネリ_TNT125を試乗してまいりましたので記事にしたいと思います。 ベネリ東京練馬 川越街道沿いにある、ベネリ東京練馬さんへ行ってきました。 アットホームな店員さんの対応がとてもGOO...

今回の内容が気に入ってくれたら、是非1票をお願いします!

★あなたにオススメ商品★
バイク雑記
スポンサーリンク
シェアする
はなぶさ君の忍者でGo!

コメント

  1. matsu より:

    どうも、GWも終えて梅雨入りまでの良い時期です。
    「やえ~」と言えば、北海道へ行ったとき自衛隊の進軍訓練?
    小隊単位で軽装備ランニングに遭遇して、軽く手を上げたら
    小隊先頭から順番に返敬礼を受けて感動したことがあります。
    バイクだと、右手離せないんで失礼をしたと思いました。
    白バイはクラッチ切って、右手で敬礼してますね。登坂だと短時間なのかな?

    • はなぶさ より:

      matsuさんコメントありがとうございます。

      >>白バイはクラッチ切って、右手で敬礼していますね。
      なるほど
      今度、やってみようかな!

  2. おざさん より:

    わたしもピース世代なので、今は自らはしませんね~
    ヤエーされたら左手でピースするか手を振る程度です
    ヘヤピンコーナー途中とかでされた場合には頭を下げる程度ですかね

    まあ挨拶されたら悪い気はしませんので安全に気を付けてすれば良いかなと思います
    両手離しは駄目ですね~

    • はなぶさ より:

      おざさんコメントありがとうございます。
      「ヤエ~」もバイクに乗る若者が増えた証拠なのでいいのかなと思っています。

      ちなみに、両手離しはどうやってるんだろうと少し考えましたが
      エンブレの弱い5速や6速で短時間なんでしょうね。
      しかし怖い怖い