原付2種検討_YAMAHA編

どうもはなぶさです。

現在、乗っているDIO110の後釜を検討しておりますが国内4大バイクメーカー

のうちYAMAHAは検討をしていなかったので遅ればせながら記事にします。

今回、YSP相模原中央さんにお邪魔してお話を聞いてきました。

スクーターの総合カタログを貰ってきました。

NMAX

2021年5月にフルモデルチェンジをしていますが、お店にあった実車は旧型でした。↓

ワタクシは街中で新型のNMAXを見かけた事がないです。

2021年10月10日現在で、まだ市場に多く出回っていない様です。

(もらった総合カタログも旧型のままでした)

HPを参考に新型になって変わった点を述べます。

全体的なデザインは旧型の角張った部分をそぎ落とした感じです。

リヤのコンビネーションランプのデザインだけは大きく変更されています。

新型は灯火類がLEDになっています。

性能について

このNMAXはYAMAHAが対PCXとして販売しているバイクです。

センターフレームのあるタイプである事そして水冷124ccである事からガチで対抗馬です。

PCXは2021モデルでようやく4バルブ化しましたがNMAXは旧型モデルから4バルブでした

しかもNMAXはエンジン回転数に応じて切り替わる、可変バルブ機構が付いています。

技術的に魅力を感じるが、長~い間使用して壊れないか心配でもある。

足回りなどは全く問題なし!前後13インチのタイヤは速度を上げた時の安定性に寄与しています。

以前、同僚のNMAX(旧型)とツーリングに行ったんですが、かなり速いコーナーでも安定していました。

安定したコーナリングはボディ剛性の高さも証明しています。

ABSは前後独立型が装備されています。(PCXはフロントのみ)

ユーティリティ

2021モデルNMAXはフルフェイス(※1)1個とプラスαが収納可能収納容量23L)

しかし、ヘルメットを逆さに入れるのはどうも好きになれない。

総評

新型(2021モデル)で368,500円(税込)です。

2021モデルPCXの357,500円(税込)と比べるとお高いですね!

DIO110の後継として考えるとかなりのグレードアップとなります。

この価格帯まで許されるのであればワタクシ的にはPCXの方に魅力を感じてしまいます。

 

CYGNUS-X

シグナスXです(写真は限定カラー)↓

性能について

シグナスXは空冷124ccで4バルブです。

水冷化されていない事でHONDA_リードよりカタログ上の最高出力は劣ります。

しかし、リードが最高出力11PS/8500rpmでシグナスXは最高出力9.8PS/7500rpmなので

7500rpmまでは同等の加速をするか?

いや4バルブなのでそれ以上の加速をする動力性能と推察できる。

足回りですが、DIO110は片持ちサスなのに対し、シグナスXは2本サスです。

ブレーキ性能はDIO110はフロントのみディスクに対し、シグナスXは前後ディスクです。

つまりDIO110と比べると別次元の走りとなるのでしょう!

ユーティリティ

シグナスXはフルフェイス(※1)1個とプラスαが収納可能

ごくたまに工具箱を足元に置く使い方をするので、フラットフロアはありがたい。

※<YAMAHAではこの項目が得意なのは後に紹介するAXIS Z(アクシスZ)なんです>

総評

お値段ですがシグナスXは335,500(税込)です。

シグナスXはデザインもかなりカッコイイ!(個人差あり)

現在、DIO110ではトップBOXも利用しています。

シグナスXでBOXを使用する場合は専用キャリアに付け替えなければならないので

その分の出費も考えなければいけません。

 

AXIS X(アクシスZ)

アクシスZはアクシス_トリートの後継機種だと思われます。↓

アクシスZは空冷124ccで2バルブです。

空冷ですが、ローラーロッカーアーム、オフセットシリンダーなど地味ですが

燃焼効率UPの為の技術努力が窺えます。

ユーティリティ

ユーティリティはかなり優秀なバイクです。

シート下収納量は37.5Lの大容量ですが

トランクの床形状からフルフェイス(※1)が2個入るのかは微妙である。

まあ、ワタクシの使い勝手からすれば十分です。

総評

デザインはトリートに比べかなり良くなった!ワタクシは好きです!

動力性能は店員さん曰く「シグナスXに比べ加速性能は劣ります、」(そりゃそうだ(笑))

足回りも雲泥の差があるので言わずもがな。

では、このバイク何が売りなのか!「リーズナブルで通勤、通学が楽です!」の一言です!

前述もしましたが現在、DIO110ではトップBOXも利用しています

アクシスZならシート下の積載量が十分なのでトップBOXを付けなくても良さそうです!

しかも許せるデザイン&許せるお値段! いいかも~です。

 

トリシティ

YAMAHAにはトリシティという3輪スクーターがありますが

検討対象外といたします。

今回の記事の注意事項

※1;ユーティリティの項目でのフルフェイスは”出っ張りのあまりないもの”としております

それでは~

◆関連記事◆

原付2種検討_HONDA編
どうもはなぶさです。 わが町はまん延防止等重点処置の継続中!しかも天気も悪い予報なので 本日の忍活は朝一番に近所(宮ケ瀬)に缶コーヒーを飲みに行って終了。(写真なし) ところで、以前の記事にも触れましたが現在のDIO110...

今回の内容が気に入ってくれたら、是非1票をお願いします!

★あなたにオススメ商品★
バイク雑記
スポンサーリンク
シェアする
はなぶさ君の忍者でGo!

コメント